転職エージェントを使うことにメリットはあるのか?

転職を経験したことがある人はもうご存知でしょう。初めて転職を検討している人はあまり馴染みがないかもしれません。

それが転職エージェントです。

ここ最近は新卒でもエージェントを使う人が増えているとは聞きますが、まだリクナビやマイナビなどの就職サイトを使えば十分ですからね。

一方で、転職になると多くの人がエージェントを利用します。

エージェントから紹介された求人を選別して応募し、書類選考に通過すれば自分の空いている日程を投げておけば面接日程を調整してくれ、内定後も年収交渉から入社日交渉まで代行してくれます。

どこからどこを見ても利用すべきです!特に、まだ就業中で転職活動に時間を割けない人にとっては最強のサポーターかも知れません。

ですが、果たして本当に、転職エージェントはメリットしかない夢のようなツールなんでしょうか?

スポンサーリンク
レスタングル(大)

転職エージェントはどうやって儲かっている?

転職エージェントを知らない方に簡単に説明を。知っている方は読み飛ばして下さい。

利用者(求職者)は無料で利用できる

私が知っている限り、全ての転職エージェントは無料で利用できます。

自身の簡単な情報(氏名、年齢、住所、経歴…)を登録し、それを使ってエージェントと面談します。その面談と情報を基にあなたに合う求人を紹介してもらいます。

気に入る求人があればそれに応募し、あとはその企業のフローに沿って選考を進み、内定が出て、あなた自身も納得すれば晴れてその企業に入社…という流れになります。

これらの全てを求職者であれば全て無料で利用できます。

エージェントにお金を払うのは企業

では転職エージェントはどこからお金を得ているのか?

それは求職者を採用する側である企業です。

転職エージェントから紹介された求職者の方を採用することになりました。その方を年収500万円で迎え入れることにします。

大体ではありますが、企業はその年収の20〜30%、つまり年収500万円の方であれば100万円〜150万円の報酬を転職エージェントに対して支払います。

あなたの価値、時間を考えてほしい

どんな企業であれかかるコストはなるべく抑えたいはずです。言い方は悪いですが、たとえ見栄えの良い経歴であっても、それが自社での活躍を約束してくれるわけではありません。

そういう意味では採用業務も無駄なコストの一つなんです。

だからこそ転職エージェントであっても価格競争が起きます。成功報酬を10%にしているエージェントもあるくらいですから。

年収+αの価値があなたにあるか

例えばあなたの現時点での年収が500万円だとしましょう。年収アップを目指して転職活動を開始します。目標は600万円。

転職エージェントに紹介してもらった中に良い求人がありました!年収は600万円、現職よりも家に近く残業も少なそうだ。仕事もやりがいがありそう。

ウキウキ気分で面接に行けますね。

次は採用する企業側から見てみます。

年収は600万円くらいを限度に採用を考えています。契約しているエージェントから応募があったと通知がありました。これまで500万円の年収だった人財でした。

実際に面接をしてみます。担当者レベルであれば問題なく次の選考へ進んでもいいと考えた。そこで最終面接へ。役員や人事部長などの責任者が面接をします。

さて…ここで考えてみましょう。

あなたに600万円+αの価値があるでしょうか?

ここがエージェントを使う上でのネックになります。あなたに支払う年収600万円と、転職エージェントに支払う成功報酬およそ180万円(年収の30%)、合計で780万円の金額を払うに値する価値をあなたに見出してくれているでしょうか?

企業は単年だけとはいえ、年間約800万円をあなたに投資するわけです。

転職エージェントのメリットはあらゆる手間を省いてくれることです。転職サイトを介して応募しても見向きもしてくれないような企業が面接に呼んでくれることもしばしばです。それはエージェントの営業力に感謝ですね。

ですがその反面、あなたに対するハードルが激上がりしてしまうのも事実です。もともと出すはずだった年収の130%を出すことは、企業にとってはなかなか勇気がいるものです。

転職エージェントは本当に手間が省けるのか?

企業とのあらゆるやりとりを代行してくれるのは転職エージェントのメリットです。しかし、エージェントを使うことで本当に手間が省けるんでしょうか?

これは半分運の要素も関係してきます。自分の志向に合う求人を多く保有しているエージェントかどうかもそうですし、そもそもエージェントとして企業から信頼されているかも傍から見ただけではわかりません。

そしてこれが一番重要です。あなたを担当するエージェントが、性格的・感覚的にあなたを理解できるかどうか、です。

これは本当に運なんですよね…。

転職サイトなどで求人をいくつも見たことがあれば分かるかと思いますが、同じ業務内容、同じ給与、同じ勤務地であっても「なんとなく違う」と思ってしまうものがあります。

規模なのか、業界なのか、はたまた雰囲気なのか…それがなんなのかはっきりとは説明できませんが、そこを共有できるエージェントでなければ、納得できる求人が出てくるまでがかなりの手間です。

エージェントによっては一度に50以上の求人を紹介してきます。それを見て「応募する」「応募しない」を判断するんですが、合わないとここが苦労します。納得できない求人を50も紹介されたところで時間の無駄ですからね…。

また、手厚さを売りにするエージェントもありますが、これも一長一短です。

わざわざ休みの日や現職の就業後にエージェントと面談したり、面接が決まればそれに向けて対策の面談をしたり、面接後には感想や意向を聞きにまた面談があって…これって本当に手間が省けているんでしょうか?

賢く利用しなければエージェントは時間の無駄を生み出すだけです。

デメリットも理解した上で使うべし

どんなことにもメリットとデメリットはあります。長ったらしくデメリットを述べてきましたが、私だって次に転職する時もエージェントを利用すると思いますし。やはり利用に値するメリットはあります。

ただ、なんとなく転職を考え始めた時にエージェントを使うのはやめたほうがいいと思います。勝手になんでもやってくれる便利屋ではないですからね。

最悪の場合、エージェントがうざったくなってしまって連絡を全て無視する、なんてことになりかねません(笑)

この転職に求めるもの(年収アップや職種など…)がガッチリと固まって、なにがなんでも転職したい人は非常に素晴らしいサービスだと思います。

便利なサービスを無駄なく使えるようにしたいですよね。そのための一助になれば幸いです。

スポンサーリンク
レスタングル(大)
レスタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする