学歴フィルターをくぐり抜け、内定をもらうためにはどうすればいいんだろうか

学歴フィルター

採用活動をしていると、大学だけではなく専門学校とも接する機会があります。学生はもちろん、それぞれの学校の就職課担当者の方々ともお話します。

そこで話をしている中でもそうですし、実際の選考に専門学校生が来たときもそうなんですが、どこか大学生に対して劣等感を感じている人が多いような気がします。

大卒以上が応募条件の企業もありますから、無理もありませんね。

まぁ、専門学校生は自身が学んでいる専門分野への就職がメインになってくるでしょうから、新卒採用にありがちな「総合職」の場ではあまり見られないかもしれません。

ですが、最近は大学でも専門の学部が増えてきていることで専門職の募集にも大学生が増えてきていると感じます。

もう文学部や経済学部、法学部だけの大学なんてありませんしね。

大学と専門学校だけでもかなりの差を感じるんですが、大学間でも明らかな差を感じる学生は多いのではないかと思います。学歴フィルターというやつですね。

学歴フィルターという言葉は私が新卒の時からもよく言われていましたが、東洋経済の記事を見る限り今後もなくなる気配はありません。

水面下で広がる就活「学歴フィルター」の実態 | 就職四季報プラスワン
「学歴フィルター」という言葉を聞いたことはあるだろうか? 今回はこれから就職活動を始める学生の皆さ…

ですが、世の中全員が東大や慶應の学生なわけではありません。

今回は、中小企業の採用担当者として私が感じる学歴フィルターと、それをはねのけて内定をもらうためにどうすればいいのか、というところを書いていきます。

スポンサーリンク
レスタングル(大)

学歴で見えること

一般的に学歴フィルターと聞くと悪いことのように捉えられますよね。特定の大学出身者は選考で優遇され、それ以外の大学出身者は欠員や内定辞退者が出たときに補充すればいいという考え方がどの企業でも行われていると思ってしまいます。

ですが、例えば「高校時代野球で甲子園に出場した」とか「英語のスピーチコンテストで1位になった」みたいなもので、その人が何をしてきたかを測るものでもあるわけです

なので一概に「学歴フィルターって最低!」と罵るのもセンスがないですよね。

学歴はポテンシャルを見極める一つの指標

新卒採用は大企業であればあるほど総合職としての採用になりがちです。つまり、入社して一定期間の研修を経てから、適正を見て正式に部署配属を迎えるという形ですね。

ある特定の部署の採用ではなく、どこに配属させるかわからない、総合職としての採用はその人のスキルや実績ではなくポテンシャルを見ることしかできません

例えば地頭の良さが挙げられます。論理的に物事を考えることができるか、あらゆる角度から質問しても軸にブレがないか…。

コミュニケーション能力もそうですね。笑顔でハキハキ話せるか、敬語はおかしくなっていないか、面接だけではなく受付での挨拶や立ち振舞いもしっかりしているか…。

社会人となってから成長していくにはこれだけでは足りません。ですが、上に挙げた要素は最低限の基礎となります。これらの土台があってからスキルが身に付くものだという認識が広くされているんですね。

そして、地頭の良さやコミュニケーション能力が高いのは東大京大、早慶上理といった上位の大学生になってきます。

もちろん、それ以外の学生でも地頭がいい人もコミュニケーション能力が高い人もいます。ですが、その割合が高いのは圧倒的に上位校の学生になってしまうんですね

学歴はその人の努力そのもの

中学校までは何もしなくても進むことができますが、高校や大学に進学するとなればそうはいきません。第一志望の学校へ入学するためには受験をする必要があります。となれば勉強しなくてはいけませんね。

もしくは推薦という手もあります。勉強でも部活でも、良い成績を収めていればその結果によって道がひらけます。

学歴は、その人がこれまでにどんな努力をしてきたか、そしてどうやって結果を残してきたかの歴史です

上位校に入学するためには勉強しなくてはいけません。ただ勉強するだけではなく、過去問を解きながらパターンを見つけたり、出やすい問題にだけ焦点を当てて勉強するようにしたり…戦術が生まれてきます。

部活の推薦も同じことですね。どれだけの努力をしてきたか、そして大会などでどれだけ良い結果を残したか…。大会でベストな結果を残すには少なからず戦略的な思考が大切になります。

勉強、スポーツ、芸術…どんな分野であっても、学歴はその人が何にどう取り組んできたかをはっきりと語るものですよね。

企業によって相性もあったりなかったり…

上に挙げた2つとはまた違った意味で学歴フィルターが存在します。それは、企業によってとある大学出身者との相性が特別良かったり悪かったりするということです。これは上位校であるないに関わらず、なぜか相性があるんですね(笑)

私が現在勤めている企業では、とある大学の出身者だけ100%の確率で内定辞退をするということがあります。ここ数年の話ではありますが、内定を出しても必ず辞退してくるんですね。なにか悪い噂でも広がっているのか…だったらなぜ選考に参加するのか……。まぁ偶然かもしれませんが。

もし偶然であったとしても、そういったことがあるとなんとなくその大学を意識するようになります。

あと一人に内定を出したい、でもAさんとBさんで悩んでいる…そんなときどちらか一方の大学がその意識している学校だったとき、選考に全く影響しない保証はありません。

学校名や偏差値に関わらず、そういった企業の中で勝手にフィルターができあがっていることもあるんですね。

学歴フィルターをヌルっと避けたい

皆が皆東大生であれば苦労しません。どんなに頑張ってもそれなりの大学にしか行けない人もいます。どんなに必死になっても1位になれない人もいます。

そんな人は一体どうやって学歴フィルターから逃れればいいんでしょう…。

業界を変える

学生に人気なのはマスコミ、金融、メーカーあたりでしょうか。このあたりはどんなことがあろうとも不動の地位を確立しています。

このあたりの業界から内定をもらえばなんとなく鼻が高い気分になりますよね。誰もが知っている企業であれば周囲からも一目置かれている気分になったり。

ですが、そういった誰もが知る企業にこそかなり濃厚な学歴フィルターが存在しているとかいないとか…。

私は学生時代、就職活動中にマスコミ業界のとある大手企業に最終面接まで残りました。その待合室にいた学生は、全員が東大、慶應、早稲田、上智の学生でした。私はMARCHよりも下の大学でしたから、なんとも肩身の狭い思いをしたことを覚えています。

誰もが知っている企業である以上、志望者は数多くいます。その中で勝ち残るのはやっぱり上位校の学生なんですよ……。

であれば、いっそのことあまり人の目が行かない業界にシフトチェンジしてみてはいかがでしょうか?

小売、飲食、ITといった業界はあまりスポットが当たりません。ですが、どんな業界であっても総務や人事、企画のように人気の職種は存在します。

業界ではなく、自分がどんな仕事がしたいか、つまり職種で仕事を探してみるのは良いかもしれませんよ。同じ職種を経験していれば、将来的には人気業界への転職も夢ではありません。

なぜか近年では、そういった人気業界は新卒よりも中途の方が入社しやすい傾向にあるような気がします。特にマスコミなんて一年中募集しているような企業もありますからね。

優秀な中小企業を探し当てる

どうしても志望している業界を変えたくない場合、その業界の中小企業を探して応募するのはいかがでしょう?

一般的にも有名な大企業はそれだけ志望者の数が多くなります。そうすれば前述の通り濃厚な学歴フィルターの餌食になることも…。

そんな大企業の子会社であったり、下請けの企業であれば知名度はそこまで高くありません。その中で優秀な企業を見極めて応募しましょう

毎年東洋経済新報社が出版している就職四季報がありますが、優良中堅企業版なるものも発行されています。

このあたりを参考にしながら応募する企業を選定していきましょう。

自分の価値を上げる

学歴フィルターが存在する原因は、それ以外に学生の能力を測るものさしがないからだということを上に書きました。

だとすれば、そのものさしを企業に見せてあげればいいと思いませんか?

簿記や社会保険労務士の資格を持っていたり、勉強をしているという人であれば企業の経営の面で貢献できると推測できます。

外資系企業であれば当然その言語に精通していれば有利になりますね。

金融系であれば上の簿記以外でもFPや証券外務員などの資格もあります。

目に見える資格というものさしを提供することで企業に自分の優秀さを提示することができます。

濃厚な学歴フィルターを避けたくない、ぶち壊してやりたいという人は志望する業界や企業で役に立つであろう資格を取得すればそれはそのままアピールするポイントになります!

やみくもな資格ハンターになっても意味はありません。あくまで志望する業界、企業のことをしっかりと勉強して必要だと思われる勉強をするようにしましょう。

独自の採用方法をしている企業を探してみる

私が学生のころ、あるエンタメ系の企業では、自分のムービーを撮って、それを送ることでESと代用していることがありました。

現在では、そのように履歴書や自己PRを書かなくても応募ができる企業が多くなってきましたし、ゲームや麻雀が選考中に行われるなど独自の方法を採用する企業もかなり増えてきました

少し調べてみるだけで、Naverまとめなんかにも出ていますから、一度検索してみると良いかもしれません。

麻雀が好きな人であればそれが選考の代わりになるのは楽ですよね(笑)

もしかしたら自分の趣味をそのまま選考として使っているような企業があるかもしれませんよ。

おわりに

独自の選考方法を採用することで、自社なりの採用基準を設定する企業が増えてきたのは、とてもいいことだと思います。

その一方で、学歴を無理やり価値の無いものにしようとしてもいけません。その学歴を手に入れるための努力は評価すべきですからね。

ただ、学歴フィルターが効果を発揮するのも選考の序盤だけですからね。たとえ上位校の学生であっても、能力がないと判断されれば途中の選考で容赦なく落とされます

逆に言えば、どうにか面接までこぎつけてしまえば、あとは自分の腕次第になります。自分がどれだけ優秀であるかを売り込む、面接担当者との対決ですからね。

※面接に関しては、この記事も参考にしてみて下さい。

履歴書や面接で「話を盛るな」は別に信じなくてもいいんじゃないかという話
突然ですが、あなたは面接で嘘をついたことはありますか?自分の経歴や資格、職歴などで自分を偽ったことはあるでしょうか? おそらく大半の人は「NO」と答えるは...

学歴フィルターが存在するのは事実です。それを避けるのか、正面から壊すのか、その選択はあなた次第ですが、どちらにせよ自分がどれだけ企業にとって価値があるのかというところをしっかりとアピールできることが必要です

実際は学歴フィルターを避けるほうが楽です。今の自分にあっている企業を探すという作業が必要になるだけですからね。

そんなこともあって、私はフィルターを避け続けてきましたが、誰かそのフィルターを叩き潰してくれる人が出てきてくれると嬉しいですね(笑)

スポンサーリンク
レスタングル(大)
レスタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする