転職活動は在職中?辞めてから?それは重要じゃない。面接官の見るところに気付いて!

転職活動は辞めてからか否か

転職活動をする時期って迷いますよね。

仕事を続けながらだと、どうしても面接に参加することも難しくなりますし、退職時期もわからないので入社交渉もなかなかまとまりません。それが原因で採用を見送られることだってしばしば…。

かといって退職してから就職活動をすると、その空白期間が怖くなってしまう。内定が出ずに数ヶ月経過してしまうと、今度はその期間を懸念され「先を考えずに行動するやつ」なんて思われて採用されないんじゃないかと考えてしまう…。

少し調べてみると圧倒的に「在職中に転職活動すべき」派が多数を占めていることがわかります。当然ですね。やはり収入がゼロになるリスクをとるのは嫌ですしね。

それに、在職中に転職活動もどきをすることで、自分にこの転職が本当に必要か否かが判断できます。そういった意味でも在職中に転職活動をすることは良いかもしれません。(参考:転職を考え始めたらたった一つここを考える。本当は転職しなくてもいいのかも…

私自身は辞めてからの就職活動も、在職中の就職活動も経験があります。

その経験から言えば、私は辞めてからの就職活動を支持しています。実際に就職し、人事として採用活動をしていても辞めてからの活動の方が良いかなと思っています。ただし、現職を続けることが本当に限界だと感じたときだけですけどね。

「なんとなく」な気持ちで辞めてしまうととんでもなく苦労するので、まずは転職サイトで求人を見たり、休みの日に転職エージェントに会いに行ったりして本当に自分が転職したいのかどうかを見極めるようにしましょう。

そうやって自分の気持ちが本物だと感じているなら、辞めてからの転職活動もそこまで悪くないのではないでしょうか。

先に辞めてしまうと、計画性のないやつに思われてしまう?うーん、これを言ってしまえば本末転倒かもしれませんが、それはケースバイケースだと思いませんか?

辞めてからの転職か、続けながらの転職か…少し落ち着いて考えてみましょう。

スポンサーリンク
レスタングル(大)

理想は在職中に次の就職先が見つかること

これは言うまでもありませんよね。本当の理想は在職中に面接が進み、採用してもらえることです。そして現職も比較的スムーズに退職することができ、トントン拍子で新しい環境へ入っていけることじゃないでしょうか。

でもそれができれば苦労しませんね。多くの人がつまづく大きな大きなハードルがあります。

在職中はとにかく時間がない

昼間の面接に行くために、オフィスをすんなりと抜け出せるような職種に就いていない人もいます。それに、面接を夕方に設定しようにも残業せずに帰れるかどうかもわからない…。

働きながらの転職に難しさを感じている人は大抵このケースに当てはまります。

それに、シフト制での勤務であれば平日に面接を入れることもできるかもしれませんが、カレンダー通りの休みで働いている人はそうはいきません。

転職したいのに、そもそも面接に行くことができない…これではいくらい「行きたい!」と思う企業が募集していても応募する気にすら慣れませんよね。

必死に設定した面接で面接官は納得するか?

その試練を乗り越えてようやく面接までこぎつけたとしましょう。しかし面接の設定すら大変だったのに、転職理由やその企業への志望理由、自己PRなんてスラスラと言えるでしょうか?

時間がない中で転職活動をしていると、どうしても面接に行くことが目標になってしまいがちです。ですが、本当に大切なのはその後、面接官を論破することなんですね!

特に在職中の転職活動は「なんで今働いている会社をわざわざ辞めてまで転職したいの?」と考えてられています。ストレートでもまわりくどくても面接官は必ずそこを聞いてきます。

そこで相手が納得できる解答ができなければせっかくの面接でも落とされてしまって「はい、おしまい」なんですね。

確かに理想を言えば在職中に次が見つかることです。ですが、それが可能なのは営業職などで長時間外に出ていても問題ない職種に就いている人か、よほどスキルがあってヘッドハンティングされるような人でしょう。

ケツに火がついていればその想いはきっと伝わる

私は現在人事の仕事をしていますので、中途採用の面接で離職中の方にも、在職中の方にも面接でお会いします。

そこで在職中の方を贔屓目に見るということはまずしませんし、反対に離職期間が長いからといってそれだけで落とすというようなこともしません。

一番必要なのは「どれだけ考えているか」なんですよね。

お前そんなに転職したくないだろ?

「なんとなく」で転職活動をしている人ももちろんいます。なんとなくもっと充実したい、なんとなくもっと早く帰りたい、なんとなくもっとお金をもらっておいたほうが良い気がする…そういった人が転職の市場には溢れています。

当然面接の場で「なんとなく」なんて言えませんから、少しは考えて武装してくるわけですね。

御社の理念に共感して、スキルをもっと上げたくて、もっと責任ある仕事を任せてもらいたくて…様々な理由を語ってきてくれます。

もちろん面接する側もやる気のないやつに来てもらっても困りますから、その武装をはがしてやろうと躍起になるわけですね。時には突拍子もない質問をして、その本音を探ろうとします。

そうして見ていくとやはり「なんとなく」がバレていきます。

  • なぜ転職活動をしているのか
  • (同じ職種だとしたら)現職ではなくその会社を志望したのはなぜか
  • (違う職種だとしたら)なぜ職種を変えようと思ったのか
  • どんなスキルがあって、どうやってスキルアップをしていくのか

このあたりの2つを聞いて、芳しくない答えが返ってくれば、その人のことはほぼ落とします

ここがしっかりと言えないということは、真剣に転職したいと思っていないし、内定を出したとしても来てくれるかわからないと思ってしまいます。

正しいかどうかではなく、考えているかどうか

その企業のHPを見て、採用ページを見て、理想の人物像なんかを見て、その通りに自分を「作ってくる」人が必ず一定数います。

この傾向は新卒だと本当に多いんですが、転職においてもそれなりにいるんですね。

ですが、企業の掲げる理想の人物像なんて端から見ただけでは判別できないものがほとんどだと思いませんか?

先を見据えて行動できる人

人物重視!周りとのチームワークを第一に考えられる人

チャレンジすることにやりがいを感じている人

受けの姿勢ではなく積極的に仕事に臨める人

※全て適当に私が考えたものです。決してどこかの企業の売り文句ではありませんよ(笑)

こんなことが書いてあっても、それに引っ張られすぎて自分を見失わないようにしましょう。

たしかにこうやって書いてありますが、おそらく実際の面接ではかけらもこのことは気にしていないはずです。先ほども言ったとおり、こんなことはひと目見ただけで、少し話しただけでは判断できないからです。

面接をしていてキラリと光る人は、なぜ今の自分に転職が必要かその職種を自分なりにどう考えているか、それを自分の経験と結びつけてどう臨んでいきたいと考えているか、ただスキルアップというのではなくどうやってスキルアップしていくのか考えている人です。

それが会社として正しいかどうかは関係ありません。会社の求める人物像と違っていたからといって、そこまでしっかりと考えている人を落とすような馬鹿な真似をする面接官はいないでしょう。今はどこも優秀な人が不足していますからね(笑)

例えば、営業をこれまでやっていた人が総務職を志望したとしましょう。

①今やっている営業をサポートできるバックオフィスに大きなやりがいを感じて志望した。

②営業をやっていると会社として「こうしたらいいのに」「もっとこんな制度があったらいいのに」と思うことが多々あります。より経営に近い総務職でそういった制度を立ち上げることで現場が働きやすい組織を作りたい。

この2人の志望理由を聞いて、どちらを採用しますか?

私は②の人を採用したいと考えます。どうですかね?

どれだけ考えて、自分の中に落とし込んでいるかが重要なんですね。

でも、これは転職したいからといってすぐに思いつくことではありませんし、ぼんやりと考えていても完成するわけではありません。

だからこそ、私は退職してからの転職活動を勧めています。これを考えるだけの時間がありますからね。それに、退職していれば必死になるしかありませんから、必然的に考えるしかありません!(笑)

これまで仕事をしてきた分、どんな仕事や環境が自分に合っているのかが学生の頃よりもわかっているはずです。それをより深く具体的に、あなたを全く知らない人にもわかるように言葉を選ぶことが非常に大切なんですね。

おわりに:あなたをひと押しするワンポイント

たとえ短期間であっても企業に就職して、それから転職したいと考えたならそれ相応の理由が必要になります。

多くの企業が垂涎するほどのスキルがあれば「もっと年収上げたい」程度でいいかもしれませんが、そんな神童みたいな人ばかりではありませんよね。労働環境や人間関係、福利厚生に疑問を感じて「本当にこのままでいいのか?」と感じて決断した人ばかりだと思います。

せっかく自分なりに決断して決死の思いで活動しているのであれば、それを100%とはいかないまでも、8割9割相手に伝えられるようにしっかりと考えて履歴書作りや面接に臨むようにしましょう!

そして、それができるのが、しやすい環境にあるのがすでに退職をしている人だと考えています。仕事をしていると、どうしても後回しにしてしまいがちな転職活動に真っ向から挑めるわけですからね。

今の仕事が本当に嫌で、でも仕事のない、収入がゼロの期間が怖いからと泣き寝入りするくらいであれば、きっぱりと辞めてしまった方が気持ち的にも楽になりますし、時間的にも余裕ができるので転職活動も進みやすいと思います。

それに、上に挙げた以外にも離職者の方が有利に働くことというのはあるんですね。今回は長くなってしまったので、また後日記事にしたいと思います。

ただし、何度も言っているように自分が本当に転職すべきかどうかを深く深く考えてから行動するようにしましょう!ここが曖昧なまま退職してしまうと、就職先が決まる決まらない関わらず近い将来後悔することになりますよ…。

自分の見た目にも気を遣えて一人前!!

それに加えて、新卒に比べると案外見落としてしまうかもしれませんが、見た目もかなり重要なポイントになります

ブサイクだと落ちるとかそういう話ではなく、清潔感があるかどうかです。特に、在職中で仕事の後に面接に来る人は結構危ないですよ(笑)

いかにも仕事をしてきましたというような疲れ切った顔、脂でテカった肌、ヨレているスーツ…落ちかけた化粧に乱れた髪…

自分がどれだけ考えているかは確かに重要ですが、それ以前に身だしなみに気を遣えない人は第一印象で落ちます。せっかく万全の準備をしてきても、こうなっては残念ですよね。

清潔感があり、笑顔がある。それに加えて自分の考えをしっかりと話せるような人であればどんな面接であっても通過すること間違いありません!

スポンサーリンク
レスタングル(大)
レスタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする