ややこしい自己分析は簡単に終わらせてサクッと内定をもらうべし!

自己分析

新卒切符を大切に使おう

私が世の全ての学生の皆さんに言いたいことです。

私は新卒採用、中途採用どちらも担当しています。この時期は4月入社に向けた中途採用活動が活発になっており、私のいる会社もご多分に漏れず採用活動をしています。

そうして中途採用で求職者の方を見ていると、1年も経たずに退職している人が多いこと多いこと…。私も人のことは言えませんが、もう少し長居できる会社をしっかりと探すべきで

売り手市場真っただ中ではありますが、早期退職者と大学生で比べたときには圧倒的に大学生の方が有利です。特に大企業になるとその差が顕著になります。中小企業で見てもやっぱり早期退職者よりはそうでない人のほうが有利に進むことが多い気がします。できることであれば数年間は新卒入社した企業で働くことが安パイなんですね。

その企業で一生働くわけではないにしても、ある程度の期間頑張れるってことは結構重要なんですよね。

自分に対する信頼というか自信というか…そういった部分にも影響してきます。早期退職者は「すぐ辞めてしまった自分はダメなやつなのかもしれない」と考えてしまいがちですから。

そんな「すぐ辞めてしまう」と「数年間頑張れる」の間にある差こそが自己分析にあると私は思っています。

自己分析は内定をもらうためではなく、その後、仕事に対してモチベーションを維持するためにあるんですよね

スポンサーリンク
レスタングル(大)

自己分析ってやつは実は重要だった

学生からしてみると、自己分析をすることにあまり意味がないという感じでしょう。

確かに自己分析をしたからといって直接なにかメリットがあるかと言えばそうではないですし、このご時世普通に就活していればとりあえず内定はどこかからもらえます。

しかし、人生は就活が終わりではありませんよね。内定をもらってからが勝負なわけです。働き、金を稼ぎ、家庭を持ち、家を買う……そういった過程を不自由なく通過するために働くわけですからね。

そうなればできるだけ長く働きたい。長く働くためには自分に向いている、楽しいとまではいかなくても嫌ではない仕事に就きたいのではないでしょうか?

他の記事で何回も書いていますが、私は新卒で入社した会社を半年で退職しています。

そこから現在の会社に落ち着くまでも紆余曲折ありましたし、正直今だって中小企業に勤めているわけですから、今後何があるかわかったもんじゃありません。

それでも、ようやっと「自分はこれがやりたい」「本当に自分に向いているものはこれだ」というものが見つかったので、かなりホッとしています(笑)

上に書いたような典型的な幸せであろうと、あなたの描く独自の形であろうと構いません。

幸せを実現するために「企業に所属して働く」ということを選んだのなら、業界なのか、職種なのか、給料なのか、休日なのか、福利厚生なのか…自分の軸がどこにあるかをわかっていなければいけません。そこがズレていると長続きしませんからね。

そんな自分の軸を見つけるために必要なのが自己分析というわけです。つまり、自分の仕事に対するモチベーションがどこに向いているのかをしっかりと理解することなんです。

まぁ、わかっていたかもしれませんが、改めて言葉にすると重要性がわかりますよね(笑)

外国がどうだかわかりませんが、少なくとも日本は相当な学歴社会です。同じ23歳でも大卒と高卒では待遇が全く違いますし、前述の通り早期退職者よりも大学生の方がより多くのチャンスが与えられます。

そこから外れてしまった私のような人間からすれば迷惑な社会ですが、大学生からすればこんな恵まれた環境はありません。なるべく長く働いて稼げるよう、将来転職や独立をするにしても思い通りの経験が得られるように学生のうちからしっかりと自己分析をしておきましょう!

自己分析はそこまで難しいことじゃない

自己分析の大切はわかっていただけたかと思いますが、自己分析が得意な学生は少ないんじゃないでしょうか。あまりにも漠然としすぎていて、何をしたらいいのかわかりません。

それに、よく就職サイトなどに書いてある自己分析は「自分が今までに頑張ったことを挙げて、そこから掘り下げる」が代表的かと思います。

これで自己分析が完結する人がどれだけいるでしょう?

生まれてからこれまでに本当に頑張ったことはありますか?

頑張ったことがあったとして、なぜそれを頑張ったのかわかりますか?幼いことからスポーツをしていた人はなぜそのスポーツを始めたのでしょう?そしてなぜ頑張ったのでしょう?

自分のこれまでの経験をしっかりと掘り下げられる人は多くありません。そんなところも敬遠されやすい一因になっているんですよね。

でも、自己分析ってそんなに難しいことじゃないんですよ。もう少しハードルを下げて考えてみましょう。

①好きなものをビジネスにできるか

自己分析をする際に、まずはじめに考えるべきはこれです。

あなたは何が好きですか?

色々あると思います。ジャンルだって様々ですからね。

なんでも良いんです。食べ物、スポーツ、政治、ファッション、本などなど…あなたが好きなものをいくつでも挙げてみましょう。

次は、その好きなものをビジネスとして考えられるかどうかを自分に問いかけて下さい。

「ビジネスとして考えられるかどうか」とは一体なんでしょう?

簡単です。「もっとこうしたらいいのに」「ここを変えればもっと面白いのに」と考えられるかどうかで判断できます。

好きなものを仕事にできるのは誰もが憧れることかと思いますが、それが成立するかの判断基準が、この「もっとこうしたら…」を考えられるかどうかです。

ただのファンではなく、ファンならではの豊富な知識と、それを自分なりに考え、改善させようとする姿勢が大切です。ファンとして楽しむ反面、その課題を考えることができる人が企業としては喉から手が出るほど欲しいですからね。

②あなたは仕事に何を求めますか?

①がNOだった場合、次はこれを考えましょう。

あなたが仕事に対して一番求めているものはなんですか?

少なめの残業?

休み?

給料?

やりがい?

家から近いかどうか?

「それがわからねぇから自己分析してるんだろうが!」と言われてしまえばそれまでですが(笑)

①で好きなことが仕事にできないと考えた人は、なぜそう考えたのでしょう?

趣味は趣味として楽しみたいからでしょうか?好きなことでは稼げないと言う人もいるかもしれません。それともやりたいことが別にあると気付いたからでしょうか?

その理由によって自分が求めている仕事がどんなものかなんとなくわかってくるのではないかと思います。

やりたいことが他にあると気付いた人はもう考える必要はありませんよね!「とにかく稼ぎたい」と思った人はそういった仕事を探すべきです。「時間に余裕を持って、趣味を思いっきり楽しみたい」という人は比較的時間に融通の利く仕事がいいですよね。

①と②を併せて考えることで、なんとなく自分が目指す方向は見えてくるのではないでしょうか。

③ ②が叶う仕事はなんですか?

①で好きなものが仕事にできる、したいと考えた人は別として、②で自分が求めているものに気付いた人は、最後に具体的な仕事を絞っていきましょう

「ガツガツ稼ぎたい!」という人は営業職や専門的な知識のある職業(弁護士や医者が代表的)が見えてくると思います。

「やっぱり私生活の充実が一番」という人は収入よりも残業の少なさや休日の多さ、有休取得率などで選ぶと良いですね。

学生の時の就職活動は、どちらかというと業界重視の就活になりがちです。ですが、より自分の志向に合った仕事という意味では、職種で探す方がいいと思います。

今の新卒は総合職採用がメインかと思いますが、職種ごとに採用を行っている企業もあります。そういったところも視野に入れて就職活動をするといいですね。

過去の経験ってそこまで重要じゃない

大学のキャリアセンターに行って自己分析の方法を聞くと「過去の経験で頑張ったことや打ち込んだこと、そこから掘り下げて」なんて言われます。

これが結構難しくて、下手すると「サッカーを頑張ったから、サッカーやスポーツに関わる仕事がしたい」なんてバカみたいな結論になりがちです。

今までの経験をそっくりそのまま志望理由や自己PRに使っているだけで、つまらないですね。

自分はどこにモチベーションを感じるのか。そもそも仕事にやりがいは求めているのか?

プライベートと仕事は違うし、プライベートの方が大切だ。

自分は仕事を通してどんなことを達成したいんだろう?

それがわかるのが、上に挙げた3つの質問を自分にすることだと考えています。過去ではなく、現在と将来に視点を移して、そこから自分の軸を見つけていきましょう

思い出せないような過去に悩むよりも、今と将来の自分に目を向けてサクッと自己分析を終わらせてしまいましょう。

そしてサクッと内定をもらって、残りの学生生活、思う存分遊んでくださいね!

スポンサーリンク
レスタングル(大)
レスタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする