良い内定者フォローとはなんだろうか?企業と内定者のうまい付き合い方を考える

内定者フォロー

いち企業の人事をやっていて感じるのは、「売り手市場」というよりも「一部の学生だけ売り手市場」であるという昨今の現状です。

たしかに数字だけ見れば売り手市場かもしれませんが、実際のところ内定を取れる、取れないに関してはかなりシビアになっている気がします。

企業の採用のハードルは下がっているわけではなく、数少ない優秀な層に企業が群がって取り合いをしているという状況なんです。

すると、「内定がガッポリの学生」と「内定が全くもらえない学生」に差が出てきてしまうわけです。内定の有無に大きな偏りが出てきてしまうんですよね。

そんなこんなでどの企業も「優秀な」学生を囲い込むのに必死になるわけです。そこで実施されるのが内定者フォローですね。

ですが、私自身は現在の内定者フォローに限界を感じています。どうしてもネームバリューのある、大手企業や人気企業には叶いませんから(笑)

中小企業の内定者フォローというのは結構難しく、大変なものです。

スポンサーリンク
レスタングル(大)

いかに上手くバランスをとるか

内定者フォローの難しさはここにあるのではないかと考えています。

内定者(学生)と企業、双方にプラスとなるようなフォローをいかにして計画し、実行するかにかかっているか、ということです。

内定者≠お客様であることを認識しているか

他社に行かれるのを防ぐため、あの手この手を使って内定者をもてなして、相談に乗って、遠方者にはこちらから出向いて、自社の商品を配り歩いて……。

話を聞く限り、昨今の内定者フォローはなんでもありのようです。自社にある資源を最大限に利用して学生をつなぎとめようとしているようですね。

内定者はお客様、ワッショイワッショイ持ち上げて、入社してよと願いを込めて、ワッショイワッショイ持ち上げる……。

そうやって口説き落として入社した学生に待っているのは、壮絶な現実とのギャップです。

これまで神様のように扱われていたのに、社員になった途端待っている現実。何をしても許されていたのに、上司には怒られ、先輩には注意され……。その差によってモチベーションが下がる人も少なくありません。

人事の皆さまに問いたいのは「その内定者フォロー、どこまで先のことを考えていますか?」ということです。入社後のギャップや不安を拭うためにやっているはずのフォローが、逆に大きな大きな溝を生んでいるという矛盾です。

内定者や人事の負担はいかほどか?

月に何回も呼び出して、しつこく電話やメールで連絡をして、密に連携を取り合っているようで、実はどちらも疲弊しきっている…なんてことにはなっていませんか?

内定者フォローでやることが増えれば増えるほど人事の負担は大きくなっていきます。休日出勤もあり、バイト終わりの内定者をつかまえるために夜遅くまで残業。「働き方改革」とは一体なんなんだ?と思わざるをえない仕事ぶり…。

内定者は内定者で、しつこく来る連絡、頻繁な研修や懇親会などで学業にも支障が出てしまうほど…。

手厚くすることは悪いことではありませんが、それが過度になるとどちらにもネガティブなものだけが残ります。

研修などの集まりは多くても2ヶ月に一度、連絡も基本はメールで電話はかけないようにするなど、極力負担を減らすように心がけないとどこかで限界がきてしまいます。

内定者は本当にそれを求めているのか?

ネットで調べて出てくる情報や一般的な論調が全てに当てはまると考えるのは早計すぎます。

皆が皆第一優先を休日にしているわけではないでしょうし、賃金よりもやりがいを優先させる学生もいるかもしれません。

例えば、「楽したい」「休みがほしい」「定時で帰りたい」と考える学生がテレビや新聞、雑誌などのマスコミ業界を第一志望にするとは思えません。自分なりにやりたいことや目標がある人のほうが多いかもしれませんよね。

そんな人たちに「うちの会社は休みが…福利厚生が…残業が…」という話だけしても響かないのではないでしょうか。もちろん必要ではありますが、それだけでは不十分ですよね。

この例と同じで、「おそらくこうすれば内定者は喜ぶはず」という思い込みだけでフォローの内容を全て決めてしまうのは非常に危険です。

内定者は本当に先輩社員との懇親会を望んでいるんでしょうか?

ビジネスマナーなどの研修は本当に入社前から必要なんでしょうか?

よーく考えてみる必要があると思います。

おもてなしではなくマネジメントをすべきではないか

売り手市場になるにつれて、企業にとって「優秀な学生」というのは目に見えて減っていきます。そして優秀な学生が減ると、企業の狙う人財が被っていく、その中で自社を選んでもらうために様々なおもてなしを考えて実行していくわけですね。

もてなされて悪い気になる学生もいないでしょう。「もてなされる=大切にされている」という思考になると、より自分が気に入るもてなしを振る舞ってくれた企業を就職先として選ぶわけです。

本来の目的を取り戻せ

そもそも内定者フォローの目的とは一体何でしょう?

企業ごとに異なるとは思いますが、本来の目的は入社した後にしっかりと成長し、自社の戦力となってもらうことではないでしょうか?

そのために先輩社員との懇親会や内定者同士のグループワークなどで横・縦の人間関係を構築し、入社後スムーズに会社に馴染めるように努めているのではないですか?

そのために自社の商品を配り、製品の特徴や自分なりの長所や短所を認識する機会を与えているのではないですか?

そのために実際の職場見学などをして仕事のイメージを明確化する手伝いをしているのではないですか?

他社との競争をしているうちに「入社させるまでが目的」だと勘違いしがちですが、本当は入社後の学生のためにフォローは存在します。

それを考えると、もてなし、自社を選んでもらうためだけのフォローがいかに見当違いかということがわかります。

わからなければ聞けばいい

学生がどんなキャリアを歩みたいと思っているかはその人によって異なります。まずは学生なりの設計図を聞いてみればいいのではないでしょうか?

その上で自社ではどんな成長の仕方があるのか、どんな部署があってどんな仕事をしているのか…一から説明すればいいと思います。

先輩や内定者同士の交流を深めることも大切ですが、こういった学生個人個人に向けた働きかけは案外盲点になります。採用人数があまりにも多いと難しいかもしれませんが、多くても30人程度しか採用しないような場合であれば可能なはずです。

ただ学生を持ち上げてヨイショして、気持ちよくなってもらうだけではなくて、個人個人の今後についても一緒に寄り添って考えて、道を指し示してあげる。

そうすることで内定者の中にイメージが湧き、その企業で働く意欲も高まっていくのではないでしょうか。

それに、内定者フォローでどんなことをすればいいのか迷っている場合だって同じです。当事者である学生に聞けばいいんです。

「これから入社するまでにどんなことがしたい?知りたい?それはどれくらいの頻度がいい?」

素直に聞けば教えてくれますよ。相手は鬼じゃないんですから(笑)

ただ一方的にもてなすだけ、例年通り決まったフォローをするだけ、ではなくて相手が何を求めているのか、その上でどうすれば自社に価値を感じて、モチベーション高いまま入社や配属に進めるのかを考える。それが良い内定者フォローであり、内定者との良い付き合い方だと思います。

さいごに:学生もしっかりと企業を見極めてくださいな

企業にとって大切なのは「もてなしではなくマネジメントをする心意気」だと上で挙げました。

反対に、学生にとって企業を選ぶ上で大切なのは、もてなしを受けてただ気持ちよくなるだけではなくて、いかにその企業が自分自身を育てようとしているかを探ることだと思います。

つまり、内定者フォローの段階で「あなたにはこうやって成長してほしい」という教科書が提示されているかどうかを確認すべきだということです。

あとは、企業が学生との双方向のコミュニケーションを心がけているかどうかでも判断できますね。考えややり方を押し付けるだけではなく、どうしたいかを聞いてくれるということはかなり重要です。

そこが、「ただあなたに入社してほしい」「あなたを戦力としてしっかり成長させていきます!」の決定的な差になってきます。

目の前に人参をぶら下げられて、それにつられてしまわないように気を付けましょう!

スポンサーリンク
レスタングル(大)
レスタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする