採用担当者に求められる能力が変わってきた。

最近は新卒採用もさることながら、転職市場も圧倒的に売り手市場です。転職サイトを見れば、今も年末でありながらかなりの数の求人があることが分かると思います。どこの企業も人財難なんですねえ…。

さて、総務や人事といった管理部門に関しても、規模や業種問わず相当数の求人が掲載されています。

許されるなら、私も転職したいと思ってしまいます。まぁ、中小企業でのほほんと人事をやっているような人間では難しいような求人ばかりですが…(笑)

その中で最近目立ってきたのは、人事(採用担当者)の求人でありながら、営業経験さえあれば他の経験は問わないという求人です。

特に大手企業の求人を見てみると、このパターンの人事募集を結構な数見かけます。

未経験の方からすれば門戸が広くなったようでやる気になる一方、管理部門経験者にとっては少し苦しい状況になってきたように感じますね。

この背景には何があるのか?人事をやるにあたって本当に営業経験はプラスになるのか…少し考えてみました。

スポンサーリンク
レスタングル(大)

重視するのは求職者の「取り込み」

上でも述べたように、最近目立ってきた人事、その中でも採用担当者の営業経験者募集にはどんな事情があるんでしょうか?

どの企業も力を入れる「クロージング」

上述のとおり、就職全般において現状はかなりの売り手市場であることは言うまでもありません。つまり、企業がどうにかこうにかお願いをして、求職者の方に「うちに就職してくださいよ、お願いしますよ!」というアピール合戦が加熱している時代だということです。

そこで企業が採用担当者に求めている能力の一つに「クロージング」が入ってきたんですね。

私も短い期間ではありますが、営業をやっていたことがあります。その頃はこのクロージングという言葉をよく使っていたんですが、それがよもや管理部門にまで浸透してくるとは…

クロージングとは、顧客や取引先などの相手と契約を締結する事をいいます。これを採用の現場に落とし込むと、どうしても欲しい求職者の方の入社を決定することだと考えて下さい。

売り手市場でなくてもそうですが、良い求職者の方はどの企業も欲しがります。一人の人が何社も何社も、下手したら何十社も内定をもらっていることがザラにあるわけです。

その方にどうしたら自社への入社を決めてもらえるのか…福利厚生を押し出すのか、先輩や上司といった社員の人柄でいくのか、それとも仕事内容や将来性で語るのか…求職者の方によってこれらを使い分けて、見事に優秀な方の入社を決めさせる、それがクロージングなわけですね。

このクロージング、よく考えると求職者の方に対する営業活動と何ら変わりないですよね。お客様が求職者に置き換わっただけ、扱う商材が自社の商品から自社そのものになっただけでやっていることは営業と何も変わらないわけです。

だとすれば管理部門を長く経験してのほほんとしている奴よりは、バリバリ営業を経験してきた人の方が最近の採用担当者としては優秀なんじゃないか?

こういった考えから、管理部門の経験は不問で、とにかく営業をガッツリ経験してきた人を採用担当者として迎え入れる企業が増えてきているんです。

大手と中小では少し事情が違う

と、ここまでは大手企業の話です。中小企業でもこのような方針はとるでしょうが、本当に優秀な人財を常に採用できているような企業限定です。

私がこれまで経験してきた企業は、そんなまっとうな企業は一つもありませんでした。残念ながら…(笑)

ほとんどの中小企業は、管理部門よりも圧倒的に現場(営業)の権力が大きいです。現場と管理部門の力が拮抗していたとしても必ず社長が現場の肩を持ちます。社長自身が現場経験者で、独立して会社を立ち上げるパターンが大半ですからね。

そんな企業で、営業もバリバリできる人財を管理部門に異動させることはあまりありません。

だったら現場に出て売上を上げてくれたほうがその企業にとってはプラスです。本当に活躍できるかどうかわからない人を採用するためだけに優秀な現場社員を管理部門に異動させようなんて発想も余裕も中小企業にはありません。

であるからこそ、中小企業であれば最終的なクロージング「だけ」に現場が出てくることがかなり多いような気がします。企業によっては社長自らが求職者の方に対してアプローチしていくこともあるんじゃないでしょうか。

それまでの採用業務は全て担当者が行い、内定を出した中で「どうしても欲しい!」という人財にだけ現場社員がアプローチを仕掛ける。というパターンが中小企業の大半かと思います。

そんな企業であれば、採用担当者は従来の採用活動のみを業務として行っていればいいわけです。

すでに確立されたブランドが仕上がっている、もしくは選考中の段階ですでに現場への動機づけができる(現場も巻き込んで大がかりな採用活動ができる)ような企業であれば、クロージングも採用担当者がすることが多いです。

この2つができる企業は大手や人気企業が大半だとは思いますが、かなり採用に対して意識の高いところであれば規模は関係ありません。

人事は人事でも、あなたがやりたい仕事は?

さて、今から人事職に就きたいと考えているあなたに質問です。

あなたが人事をやるなら、一体どちらが良いですか?

人事や管理部門を目指す人の多くは、どうしても「現場より楽だから」というイメージが先行してしまいがちです。むしろ、それを望んで志望してくる人だっていますよね。

その中で、やる業務は違えど営業のようにバリバリ求職者の方に対してクロージングをかけていく、その結果採用できた人数があなたの成績になり査定に関わる…という環境が嬉しいものなのかどうか…。

ですが、現状の転職市場を見ている限り、人事職に求められている能力は結構営業チックなものなわけです。

だからこそ大切な自己分析

表面的な「人事って楽そう」という考えだけで転職活動をしていると、こういったギャップに陥る可能性が高くなります。

運良く(?)そこに気付かずに転職が成功したとしても、想像と異なる業務内容に嫌気が差して、またすぐに転職活動を再開するかもしれません。

最近は総務であっても「戦略総務」なんて言葉が使われてきているように、管理部門であってもこれまでの「楽そう」といったイメージとは真逆の人財を求めているケースが非常に多くなってきています。

採用担当者であれば採用人数がそのまま成績になりますし、総務であれば削減した経費などがそのまま成績になって人事考課に影響してきます。管理部門も数字を背負って仕事をする時代が来るんですね…。

そうなると営業職と何ら変わりませんね。

ここで重要になってくるのが自己分析になります。自己分析は難しいように感じますが、実はそこまで複雑ではありません。

ややこしい自己分析は簡単に終わらせてサクッと内定をもらうべし!
 新卒切符を大切に使おう私が世の全ての学生の皆さんに言いたいことです。 私は新卒採用、中途採用どちらも担当しています。この時期は4月入社に向けた中途採...

自分が仕事に何を求めているのか、なぜそれを求めていて、どんな仕事であればそれが叶えられるのか…。

よくよく考えれば営業が向いているし、性に合っているかもしれません。職種というよりも業界を絞ったほうが良いかもしれません。そんなことではなく、勤務場所さえ希望通りなら実はそこまでこだわりはないのかもしれません。

そうして出た結論が人事職であったなら、全力で目指してほしいな〜なんて勝手に思っています。

今回は、人事(採用担当者)に求められる能力が変わってきたという話でした。あなたが転職をする上で、少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レスタングル(大)
レスタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする