就活の闇である志望動機の不要さについて考える。

%e5%bf%97%e6%9c%9b%e5%8b%95%e6%a9%9f%e2%91%a1

就職活動をするにあたって最も時間がかかり、かつ頭を悩ませるのが志望動機ではないでしょうか。

学生の中には、この志望動機が企業の合否を左右すると考えている人も多いと思います。だからこそ時間をかけてしまいがちですよね。

私自身も学生のときはそういった一人でした。志望動機に悩んでは「企業の名前 志望動機」なんて検索をしたり、「○○業界 志望動機」なんて調べたりしたものです。そうしてコピペで作り上げた志望動機を、面接で胸を張って話す、なんてことが常でした。

ですが、実際に社会人として働いて、採用担当者として多くの面接を経験していると、そういった過程が本当に、痛烈にバカらしく思えてきます(笑)

個人的にはその企業に対する志望動機なんて必要ないと思っていますし、実際の面接でも「なんでうちの会社を志望したの?」なんて聞きません。

ですが、違った意味で志望動機というのは大切な要素になっています。それを理解していない学生は、どれだけ頭が良くて優秀であっても落とされてしまいます。

今回はそんな志望動機について書いていきます。

スポンサーリンク
レスタングル(大)

企業に対する志望動機は不要

とってつけたものほどわかりやすい

インターネットを使って必死に調べた志望動機を履歴書やESに書いたとします。そして書類を通過して面接に呼ばれたとして、その場ではどんな志望動機を話すんでしょうか?

もちろん調べたものをそのまま話しますよね。もしかしたら、履歴書に書いてある内容と一言一句違わない内容が口から出てくる人もいるかもしれません

そういった志望動機を面接官が聞いたとして、果たしてどう思うでしょうか?

正解は、心の中で鼻クソほじりながら「またか(笑)」です。

「御社の理念に共感しました」

「御社の経営方針が自分の方向性と合致していました」

「御社の○○という商品が好きで、自分もそこに携わりたいと考えています」

自分が本当にそう思っていないことや調べたものを丸暗記しただけのものはすぐにわかります。その志望動機を少し深掘りすればあっという間です。

ただし、こういった現状を企業側も実はわかっています。特に中途採用も経験している人事担当者は本当に、痛いほどにわかります。

社会経験のない、その環境に入ったことすらない人がそこに入り込むために志望動機を作り上げるなんて滑稽で高度なことを求めていることに疑問を感じている担当者も増えている気がします。

それでも、履歴書やESに志望動機を残してあるのはなぜなんでしょうか?

就職を決める上で絶対的に必要な要素

人事担当者が学生に期待しているのは、おべっかを聞くことでもコピペを聞くことでもありません。どれだけ自分で考えることができるか、そして発信することができるかということに尽きます。

現在の就職が「売り手市場」であることはどこでも言われています。つまり、求職者にとって有利な市場だというわけですね。しかし、それと同時に優秀な学生はとんでもなく少ないという常識もささやかれていることをご存知でしょうか?

つい最近に始まったことではありませんが、この常識はもはや鉄板になっています。

その中で自分が有能であることを示すもっとも重要な要素が自分で考え、行動することができるかどうかなんですね。

売り手市場であるということは、逆を言えばどこの企業も人材不足だということです。大手やマンモス企業はまだいいかもしれませんが、中小企業やベンチャーは十分な教育・研修体制が整っていないところも多いと思います。

そんな状況では、新卒に大して求めることはとても多くなります。一週間、長くても二週間の研修を経てすぐに現場に配属され、実務を担当することがほとんどではないでしょうか。

企業の状況を考えると、売り手市場というのも考えようですよね(笑)

つまり、採用担当者にとっては、学生の将来性ではなくて即戦力になり得るかどうかが非常に重要な判断材料となっています

そこで重要になってくるのが、自分で考えて行動できるかどうかになってくるんですね。

自立性というのは口や行動で簡単に教えられるものではありませんし、一朝一夕で身につくものでもありません。仕事の流れやスキルというのは入社してからいくらでも習得できます。

言われたことをこなす正確性や従順さではなく、今求められているのは自立性、積極性といった自ら動いて発信できる能力であるということをわかっておいて下さい。

どんな志望動機が合格につながるのか

私は冒頭で企業に対する志望動機なんて必要ないと書きました。それは本当にその通りだと思います。大切なのは「自分は考えることができ、自立した行動をとることができる」とアピールすることです。

結論としては、自分」を徹底的に深掘りした志望動機を作ることが必要です。

これ、本当に大切です!

その企業に対しての志望動機を作るとすれば必ず見るものは企業HPや業界地図あたりだと思います。あとはみん就(みんなの就職活動日記)なども見るでしょうか。

そこに載っている内容、例えば企業理念を志望動機に絡めてみても、大抵の場合は落ちます。そんな内容は聞き飽きているからですね。

書類選考や一次面接など、就活の序盤に落とされている人の多くは企業にゴマすりをするような志望動機を作って挑んでいます

ヘラヘラとしながらこちらに愛想を振りまくことを期待しているわけではありません。あなたがどんな人間で、どういった経緯からこの業界を志望し、今後どういった人生を歩んでいきたいのか、というあなた自身の話を聞きたいんです

  • どういった理由で自分がこの業界に興味を持ったのか
  • この業界でどんな仕事がしてみたいのか
  • この業界で将来どんな姿になっていたいか

このあたりをじっくりと内省し、志望動機を作るようにしましょう。

他の人とは違う、ユニークなものである必要もありません。確かに他人にはない経験をしていればそれはそれでインパクトのある履歴書にはなるかもしれませんが、その経験が自分に生きていないと判断されれば普通に落とされます。

プロフィールを見ていただければわかりますが、私は一社目がメディア関係の仕事でした。はじめはなんとなく、普通とは違う仕事がしたいと考えて志望しているだけでしたが、まぁそれはそれはうまくいかない就活でした(笑)

うまくいかない時に使っていた志望理由は「御社の○○という企業理念に共感し、私も多くの人に影響を与える作品を……」といったような内容です。この○○の部分をその企業に合わせて使い分けるだけのものでした。

ですが、ある時から志望動機を変えました。

「私は○○という理由でメディアの仕事に就きたいと考えている。そこでは○○といったジャンルの仕事に取り組んで、こんなものにスポットを当ててみたい。それができれば自分自身も、御社も更に成長できると考えている」といった内容です。

ポイントは、主語を「御社」から「私」に変えたことです。内容はそれほどユニークではありませんし、誰にもない経験を盛り込んでいるわけでもありません。

ただし、深掘りして出てきた自分を、自分の言葉で表現すれば必ず誰かの目には留まります。それが嘘ではなく本当のことで、何より深く深く考えてきたものであるとわかってくれる企業は必ずあるんです。

自分のことすらも考えることができずに、相手のご機嫌とりをするような人財は正直まったくいりません。自分のことをしっかりと内省し、それを自分なりにまとめ上げて相手に発信するという作業を経て作り上げたものが合格につながる志望動機であることを認識して下さい。

書類選考はあまり気にしない

「ユニークじゃないと面接に行く前に書類選考で落とされる!」と考えている人もいるかと思います。だからこそ企業のHPを見て理念やビジョンのページを志望動機に盛り込んでいるんですもんね。

ここで生きてくるのが先ほども書いた売り手市場という今の状況です。大抵の採用担当者は、優秀な学生は少ないと思っています。ですが、その中にいるであろう能力のある人財、磨けば光りそうな原石を見逃す訳にはいかないと躍起になっています。

書類でわかるのは、学歴や部活、文章の作り方などある程度の努力でどうにでもなる範囲のことです。その人の能力を計るには情報が足りなすぎます。

なので、よほど書類の内容が支離滅裂でない限り、もしくはSPIなどの学力診断の結果が悪くない限りは面接に呼ばれると考えてもいいのではないかと思います。

もしくは、企業自体がユニークな選考制度をとっていて、その人の能力をそこで測ってしまうようなものも増えてきました。

どちらにせよ、企業にゴマをするような志望動機は必要なくなってきていると言っていいと思います。もしそんな媚びへつらいが選考結果に影響してくるようなら、そんな企業に入社する価値はないかもしれませんね。

こういった選考をしていると、企業側にも学生側にも良いことがあります。それは、入社後のギャップが小さくなるということです。

学生側は自分を深掘りした結果を基に就活をしているわけですから、なんとなくや憧れの気持ちで選考に臨むよりも入社後の「こんなはずじゃなかった」があまりありません。

企業側も、その学生をしっかりと知って採用できるわけですから、より自社に適した人財を採ることが可能になりますよね。

就職活動でいかに良い企業に内定をもらうかがゴールではありませんから、そういった意味でも企業に合わせるのではなく、自分に合った企業を見つけるために、まずは自分自身についてより深く理解していけるようになりましょう

おわりに

今回のポイントは以下の2つです。

  • 企業が欲しい人財は、媚びへつらいがうまい人ではなく、自分で考え、行動できる人
  • 志望動機は「自分」を主語にして書く

この点を理解した上で書いていけばかなり通過率は上がってくると思います。

これを見て志望動機を書くのが少し楽になりましたか?それとも逆に難しさを感じてしまいましたか?

少なくとも私自身はこれに気付いてから書類を作成するのが楽になりましたし、通過率もかなり上がりました。

就活で何をしたら良いかわからない人、書類や面接序盤で落ち続けて自信がなくなってしまった人は参考にしていただけると、暗いトンネルを抜けるきっかけになるかもしれません。

自分がどんなことがしたくて社会に出ようと思っているのか?もしくはどんなことだけはしたくないから今就活をしているのか?

じゃあそれに合った業界や企業はどんなところだろう?大手なのか中小なのか…それともベンチャーがいいのか…?

合同説明会や就職セミナーに参加して意識を上げることもいいですが、ぜひ一度は自分自身についても考えてみて下さい!

(2017.11.04追記)

志望動機が浮かばないという方、それについて記事を書きましたのでよろしければどうぞ!新卒と中途という違いはあるものの、参考にはなるかと思いますので。

志望動機が思いつかない、書けない…この2つの手順で絞り出す
 転職はしたいけど、志望動機が思いつかない…または大っぴらに本当のことを言うのがはばかられるということがありますよね。当然の権利なはずなのに「休みがほしい...
スポンサーリンク
レスタングル(大)
レスタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする